FAQ

お問い合わせ等でよくいただく
ご質問や回答を掲載しております。

Infront Securityと他の認証サービスの違いは何ですか?

他のセキュリティシステムの多くがインターネット網の中で仕組みを複雑化して問題を解決しようとしているのに対し、Infront Securityは偽造や盗聴が非常に困難な電話番号を使用する電話網を活用して認証を行っており、高いセキュリティレベルを実現しています。
本人の電話からの発信のみを認証し、不正アクセスを防ぎます。通話やSMS送信が不要で遅延や不達も通常はありませんのでコスト効率が高く、ワンタイムパスワードなどの入力が不要で使用が簡単です。

携帯電話以外の電話番号、固定電話やFAXも登録できますか?

はい、技術上すべての電話番号の登録が可能です。

携帯電話が圏外やバッテリー切れ、または忘れた場合はログインできますか?

SMS認証やワンタイムパスワードのトークンが手元にないのと同様に、基本的にはInfront Securityでのログインはできませんが、導入企業のセキュリティポリシーによっては別のログイン方法を用意することもあります。

Infront Securityサービスに登録している携帯電話を紛失した場合の対処方法を教えてください。

契約先の携帯電話会社に紛失を連絡し、SIMカード再発行などの対処方法を相談してください。

Infront Securityサービスに登録している電話番号を変更する方法は何ですか?

各導入企業のシステム上で電話番号の管理(登録、変更、削除)を行ってください。

Infront Securityを利用する際、通話料はかかりますか?

Infront Securityは通話を必要としないため、通話料は発生しません。

Infront Securityサービスへの発信番号は毎回異なりますか?

各導入企業には固有の電話番号(0120始まり)が割り振られており、同じ企業への発信は常に同じ番号になります。異なる企業への発信の場合、電話番号も異なります。

Infront Securityサービスは、計画的なメンテナンスや突発的なシステム障害で使用できなくなることはありますか?

Infront Securityサービスは、高いセキュリティを備えたサーバセンターで運用されており、サービスの停止を極力避けています。
メンテナンスによるサービス停止が必要な場合は、事前にアナウンスされます。

Infront Securityを導入するために、既存のシステムの改修が必要ですが、どの程度のコストがかかりますか?

企業の既存システムに依存しますが、大規模な改造は通常必要ありません。ほとんどのケースで、社内のWEBエンジニアだけで対応いただいてます。

障害時の連絡方法はEメールのみですか、または電話での連絡も可能ですか?

Infront Securityの障害に関する連絡は主にEメールで行われます。営業時間中(平日10時~17時、休業日を除く)の障害時には、Eメールと併せて電話での対応を行うこともあります。
ただし、障害時の連絡先電話番号は導入企業にのみ開示されます。障害以外の問い合わせについては、電話で受け付けた後、Eメールでの問い合わせをお願いすることがあります。