要因別事例

認証の不備によって引き起こされる
セキュリティと利便性の問題を理解し、
各ビジネスのニーズに応じた解決策を提案します

  • マーケティング
  • セキュリティ

折りたたみ可能なコンテンツ

UI/UXの改善

1ソーシャルログインの問題

FacebookやGoogleのログインがうまく機能しない。

2エラーメッセージが分かりにくい

何が問題なのかを具体的に教えてくれないエラーメッセージ。

3長い認証プロセス

新規登録やログイン時に多くのステップを要求される。

4認証後の自動ログアウト

ログイン状態が保持されず、頻繁にログアウトされる。

5ブラウザやデバイスの変更に敏感

小さな変更で再認証が必要になる。

6複数デバイス間でのセッション非継続

異なるデバイス間でログイン状態が共有されない。

7二段階認証デバイスの変更が複雑

登録している電話番号やアプリを変更する手続きが煩雑。

セキュリティとプライバシーの向上

1過剰なセキュリティ質問

ログイン時に多数のセキュリティ質問が出る。

2フィッシング対策の警告過多

正当なログインでも警告が多く、フィッシング詐欺と疑われる。

3外部サービスでのログインが不透明

ソーシャルログイン時にどの情報が共有されるかが不明確。

4プライバシー設定への配慮不足

ログイン状態が保持されず、頻繁にログアウトされる。

技術的問題の解決

1ソーシャルログインの問題

FacebookやGoogleのログインがうまく機能しない。

2認証メールの遅れ

登録やパスワードリセットの認証メールが遅れて届く。

3認証コードが届かない

SMSでの認証コードが受け取れないか、到着が遅い。

4セッションが短すぎる

ログイン後、短時間でセッションが切れる。

5無限リダイレクトループ

ログイン後、正しいページにリダイレクトされないでループしてしまう。特にメールなど別アプリに遷移する時。

6即時ログインができない

登録完了後に自動的にログインされず、再度ログイン情報を入力する必要がある。

7ログイン試行回数の制限

数回のログイン失敗でアカウントがロックされ、アクセスが制限される。

ユーザー体験の向上

1二段階認証の複雑さ

セキュリティは高いが、ユーザーにとって煩雑。

2CAPTCHA(認証画像)の過度な使用

読みにくいCAPTCHAによりユーザーのストレスが増加。

3厳しいパスワードポリシー

強力なパスワード要求により、ユーザーが混乱または困惑する。

4メールリンクの有効期限が短い

認証メールのリンクがすぐに期限切れになり、ユーザーが再度プロセスを始めなければならない。

5異なるデバイスからのアクセス制限

新しいデバイスやブラウザからのアクセスに再認証が必要。

6アカウントの頻繁なロック

少数のログイン失敗でアカウントがロックされる。

7セキュリティ質問を忘れる

パスワードリセットの際のセキュリティ質問忘れ。

8アカウント回復のメールが見つからない

アカウント復旧用メールが迷惑メールフォルダに振り分けられる。

サービスの設計とポリシーの改善

1ユーザビリティテストの欠如

実際のユーザーの体験を反映していないサービス設計。

2不適切なアクセス権限

ユーザーが必要とするコンテンツや機能にアクセスできない。

3ゲストチェックアウトの不提供

購入時にアカウント作成が必須で、迅速なチェックアウトができない。

4パスワードリセットの遅延

パスワードリセットリンクの生成に時間がかかりすぎる。

5高齢者や技術に不慣れなユーザーへの配慮不足

すべてのユーザーが簡単にナビゲートできるわけではない。

6ユーザーフィードバックの不足

ユーザーからのフィードバックを収集、活用するシステムが不足している。

7サポート資料の不足

ユーザーが認証プロセスに関する疑問を解決できるようなヘルプやFAQが不足している。

8アカウント復旧の代替手段の不足

メールアドレスや電話番号の変更によってアカウントにアクセスできなくなったユーザーへのサポートが不足。

9登録情報の変更の難しさ

ユーザーが自分のプロフィール情報や設定を簡単に更新できない。