目的別課題

不正検知のコスト

不正検知のコスト

不正検知のコストでよくある課題

  1. 予防というよりも対処療法のため、スタッフが継続的に運用する必要があり、運用コストを増加させてしま
  2. 導入と維持には高額なコストがかかり、初期設定、継続的なメンテナンス、およびスタッフの配置が必要となる
  3. 正常な取引を誤って不正と判断することがあり、正当な顧客が不便を被る

考えられる要因

  1. 高価なソリューション
    効果的な不正検知システムには高度な技術が必要で、これには専門的な知識が必要。
  2. 継続的な監視の必要性
    不正行為は次々と新しい方法で行われるため、システムを常に最新の状態に保つためには、継続的な監視とアップデートが必要。
  3. 誤検知による顧客不便
    顧客の行動パターンや取引履歴が通常とは異なる場合、それがシステムにとって異常と判断されることがある。例えば、海外旅行中の利用などがこれに該当する。

Infront Securityで簡単解決!

① 予防というよりも対処療法のため、スタッフが継続的に運用する必要があり、運用コストを増加させてしまう

  • 誰でも簡単な認証で問題を起こさせない!
    不正検知システムのコストや継続的な運用負担を軽減するためには、問題を未然に防ぐシンプルで効果的な認証方法を導入することが鍵です。複雑なシステムや専門的な知識を必要とせず、誰でも簡単に利用できるInfront Securityを採用することで、運用コストを抑えながら、効果的に不正行為を防止します。

② 導入と維持には高額なコストがかかり、初期設定、継続的なメンテナンス、およびスタッフの配置が必要となる

  • 導入も簡単!導入後も特にメンテナンスなどは必要ありません!
    初期のUI設定をしっかり行うことで、Infront Security導入後のメンテナンスや専門スタッフの配置が特に不要となります。シンプルでユーザーがわかりやすい認証ボタンを設置することで、初期実装後は高いセキュリティを維持し、運用コストを大幅に削減することができます。

③ 正常な取引を誤って不正と判断することがあり、正当な顧客が不便を被る

  • 誤認識ゼロの確実な認証システムです!
    発信された電話番号が顧客DBに登録されたものと一致するかどうかを正確に判定します。顧客DBに登録された電話番号の端末情報と発信履歴を確認するため、曖昧な判定や誤った通過はなく、確実に正しい情報のみを処理します。
記事一覧へ戻る