目的別課題

サンプルやトライアル商品の不正取得

サンプルやトライアル商品の不正取得

サンプルやトライアル商品の不正取得でよくある課題

  1. 不正取得により、本来の顧客が利用するためのサンプルやトライアル商品が枯渇し、入手困難となる
  2. 大量に転売されることで、商品の市場価値が低下し、ブランドのプレミアム感が損なわれる
  3. 偽アカウントや多重アカウントを利用することで一人が複数のサンプルを取得し、F2転換(サンプルから通常商品への買い上げ)が発生しない問題が発生する
  4. 不正ルートで商品を購入した顧客がメーカーの保証を受けられないこともあり、これが消費者の不満を増加させ、さらにブランドイメージを損ねる原因となる

考えられる要因

  1. アカウント検証の不備
    偽アカウントの検出と排除のプロセスが不十分で、不正者が容易にサンプルやトライアル商品を取得できる。
  2. 購入制限の不足
    一人あたりの購入可能数に制限がないため、不正者が大量に商品を取得しやすい。
  3. オンラインセキュリティの弱点
    オンラインストアのセキュリティが弱く、ボットなどの自動化ツールを使用して不正取得が行われる。
  4. 消費者教育の不足
    一般消費者がサンプルやトライアル商品の取得と使用に関する正しい知識を持っておらず、不正行為の一部に無意識のうちに加担してしまうことがある。

Infront Securityで簡単解決!

① 不正取得により、本来の顧客が利用するためのサンプルやトライアル商品が枯渇し、入手困難となる

  • 電話番号ごとに購入数を1つなどに制限できる!
    電話番号ごとに購入数を1つなどに制限することで、本来の顧客のためにこれらの商品を在庫として確保することができます。正規ユーザーがプロモーションの恩恵を受けられるように保障します。

② 大量に転売されることで、商品の市場価値が低下し、ブランドのプレミアム感が損なわれる

  • 偽電話番号を抑止できるので、悪徳転売ヤーの購入を事前に防げる!
    大量に転売されることによる商品の市場価値の低下とブランドのプレミアム感の損失を防ぐため、偽電話番号を抑止する措置が効果的です。

③ 偽アカウントや多重アカウントを利用することで一人が複数のサンプルを取得し、F2転換(サンプルから通常商品への買い上げ)が発生しない問題が発生する

  • 正規ユーザーのみの購入が可能となり、F2転換率が向上し、正確なマーケティングデータが得られる!広告もアクセルが踏める!
    偽アカウントや多重アカウントの排除によりデータベースが正確になるため、無駄をなくした攻めの広告戦略が可能になります。これにより不正が減り、顧客のお買い上げ率向上が期待できます。

④ 不正ルートで商品を購入した顧客がメーカーの保証を受けられないこともあり、これが消費者の不満を増加させ、さらにブランドイメージを損ねる原因となる

  • クレーム対応を減らし、法的リスクも減らせる!
    正規ルートでの購入が増え、メーカー保証を適用できるため、消費者の不満が減少し、クレーム対応の負担も軽減されます。
記事一覧へ戻る