目的別課題

セキュリティ対策と機会損失

セキュリティ対策と機会損失

セキュリティ対策と機会損失でよくある課題

  1. 認証方法が理解しにくいため、特に新しい顧客や技術に詳しくない顧客が一定数おり、購入プロセスが難しいと感じることから、購入を途中で諦めてしまう(UIUXの問題)
  2. それにより、顧客が他のライバルの商品やサービスを選んでしまい、売り上げが減ってしまう(CVと売上減少)
  3. 過剰なセキュリティ対策が顧客の障害になってしまい、市場での競争力が落ちることがある(UIUXの問題)

考えられる要因

  1. 必要以上のセキュリティ要求
    顧客にとっては迷惑や混乱を引き起こすほど厳しいセキュリティ要求が問題となることがある。顧客が理解できる適切なセキュリティレベルを見極めることが大切。
  2. 顧客のセキュリティへの理解不足
    顧客がセキュリティ手続きの重要性を理解していないため、追加の手続きに対して抵抗を感じることがある。
  3. 適用されるセキュリティが厳しすぎる
    一部の顧客にとっては必要のない厳しいセキュリティが適用されることがあり、購入プロセスが余計に複雑になる。
  4. 技術的な障壁
    一部のセキュリティ措置が技術的に未熟な顧客にとって理解しにくく、購入の障壁となることがある。

Infront Securityで簡単解決!

① 認証方法が理解しにくいため、特に新しい顧客や技術に詳しくない顧客が一定数おり、購入プロセスが難しいと感じることから、購入を途中で諦めてしまう(UIUXの問題)

  • 老若男女誰でもわかる認証方法は電話だけ!
    自分の電話番号を知らない人はいません。Infront Securityでは、電話番号さえ覚えていれば誰でも認証が可能です(入力のみ)。これは他の認証方法では実現できない特長です。

② それにより、顧客が他のライバルの商品やサービスを選んでしまい、売り上げが減ってしまう(CVと売上減少)

  • 逆に競合はフィッシング懸念やわかりにくい認証が問題となり、相対的に顧客が自社商品やサービスを選びやすくなる!
    Infront Securityは、OTP(ワンタイムパスワード)のようにサイトを一時的に離れる必要がなく、サイトフロー内で自然にスムーズに認証が行えます。これにより、コンバージョン率(CV)への影響がほとんどなく、結果的に売上向上につながります。

③ 過剰なセキュリティ対策が顧客の障害になってしまい、市場での競争力が落ちることがある(UIUXの問題)

  • セキュリティレベルが高く、利便性の良い認証はInfront Securityだけ!
    ユーザーが個人情報やクレジットカード情報を安心して登録できることで、ブランドの信頼性が向上します。手間のかからないInfront Securityは、顧客満足度を高め、セキュリティで不安を感じる競合と比較してコンバージョン率と売上を向上させ、市場での競争力を強化します。
記事一覧へ戻る