目的別課題

転売によるブランドイメージの損失

転売によるブランドイメージの損失

転売によるブランドイメージの損失でよくある課題

  1. 転売された商品が市場に出回ることで、正規の購入経路以外から商品が購入され、消費者の信頼が低下する
  2. 商品が不当に高価格で販売されたり、偽造品と混同されたりすることで、ブランドの価値が損なわれる
  3. 正規の価格よりも高く購入した消費者が不満を抱え、ブランドに対するネガティブな印象を持つようになる
  4. ブランドが意図するマーケティング戦略や価格戦略が転売市場の存在により阻害される

考えられる要因

  1. 購入制限の不足
    購入数に制限を設けずに販売することで、一部の利用者が大量購入し転売する行為を助長する。
  2. 認証・検証プロセスの欠如
    正規の消費者かどうかを確認する認証プロセスが不十分で、転売目的での購入を防げない。
  3. オンラインセキュリティの弱点
    不正なボットが商品を大量購入することを許してしまうオンラインストアのセキュリティの弱点。
  4. 消費者教育の不足
    消費者が転売市場での購入がブランドや他の消費者に与える影響を理解していないこと。

Infront Securityで簡単解決!

① 転売された商品が市場に出回ることで、正規の購入経路以外から商品が購入され、消費者の信頼が低下する

  • 購入時に確実な本人確認!転売業者が不正な手段で商品を購入することを大幅に防止!
    実際に購入者が登録電話番号を所有しているかを確認するため、正規の購入経路からのみ商品が購入されるようになり、市場に出回る転売品を減少させます。

② 商品が不当に高価格で販売されたり、偽造品と混同されたりすることで、ブランドの価値が損なわれる

  • 組織的な転売ヤーの複数アカウント作成を阻止!大量購入も電話で追跡!
    購入時に消費者の身元を確認(正規の電話番号確認)し、一人が複数アカウントを使って大量購入を抑止できます。

③ 正規の価格よりも高く購入した消費者が不満を抱え、ブランドに対するネガティブな印象を持つようになる

  • 不正な高額転売を効果的に防止し、消費者が過剰な価格で商品を購入することが激減!
    消費者が公正な価格で購入できることで、ブランドへの信頼感が保持され、ネガティブな印象を持つリスクが減少します。

④ ブランドが意図するマーケティング戦略や価格戦略が転売市場の存在により阻害される

  • 転売を意図した不正な購入を効果的に防止!
    ブランドが設定した価格で商品が販売されるようになり、市場における不正な価格操作や転売を最小限に抑えることが可能です。

記事一覧へ戻る