目的別課題

不正クレジットカード使用

不正クレジットカード使用

不正クレジットカード使用におけるよくある課題

  1. チャージバックが起こると、EC事業者は売上を回収できない
  2. 商品は不正利用者から戻らず、EC事業者は商品と売上の両方を失う
  3. カード会社から不正が多い店舗と見なされ、決済承認率が下がることがある
  4. チャージバック手続きはユーザーにとって煩雑であり、カード会社との連絡や証明書類の提出が必要になる

考えられる要因

  1. 不十分な認証プロセス
    オンライン取引で、購入者の身元やクレジットカードの正当性を確認するには十分な認証プロセスが必須。不十分な認証は不正利用を容易にし、チャージバックを引き起こす。
  2. 二段階認証の欠如
    ユーザー名とパスワードだけでなく、二つ目の認証を要求する二段階認証の欠如は、不正アクセスやクレジットカードの不正使用を促し、チャージバックに繋がる。
  3. 弱いパスワードポリシー
    弱いまたは一般的なパスワードの使用を許可することは、アカウントのセキュリティを低下させ、不正利用リスクを増大させる。
  4. 不正アクセスへの脆弱性
    セキュリティが不十分なサイトは不正アクセスに脆弱であり、盗まれたクレジットカード情報での購入が行われ、後にチャージバックの申請につながることが多い。
  5. フィッシング攻撃
    フィッシング攻撃によってユーザーが偽のウェブサイトに誘導され、クレジットカード情報が不正に取得される。これは不正取引を行い、チャージバックを発生させる。

Infront Securityで簡単解決!

① チャージバックが起こると、EC事業者は売上を回収できない

  • チャージバックを激減できる!
    購入者が本当にカードの持ち主かどうか、紐づく電話番号で確かめられます。本人だけが取引を進められるので、売上をしっかり守りチャージバックを減らせます。不正な利用を防ぎ、安心して売り上げを確保できます。

② 商品は不正利用者から戻らず、EC事業者は商品と売上の両方を失う

  • 足がつく可能性があるため、不正者は自身の電話番号を使うのを躊躇します!
    実際にその電話番号を持つユーザーだけが購入を進められるようにするため、商品が不正利用者の手に渡ることを防ぎ、商品と売上の両方を守れる!

③ カード会社から不正が多い店舗と見なされ、決済承認率が下がることがある

  • 与信承認率だけでなく、加盟店手数料や料率も維持!
    カード会社や消費者からの信頼を獲得!チャージバックが減少することで、事業者の評判を保ち、決済承認率の維持にも寄与!

④ チャージバック手続きはユーザーにとって煩雑であり、カード会社との連絡や証明書類の提出が必要になる

  • 思ってる以上に時間のかかる手続き、運用スタッフの無駄な時間を削減!
    チャージバックに伴う運用コストが激減!煩わしい手続きに時間を取られず、前向きなタスクに注力可能!
記事一覧へ戻る