目的別課題

新規会員登録の障壁

新規会員登録の障壁

新規会員登録の障壁でよくある課題

  1. 偽アカ登録・多重登録を阻止したい
  2. パスワード入力やメール認証などが面倒で会員登録率が伸びない
  3.  店頭でのアプリ会員登録をスムーズに進めた

考えられる要因

  1. 二段階認証の煩雑さ
    ユーザーが追加の認証ステップを面倒と感じ、登録を途中で諦める可能性がある
  2. 虚偽の情報を入力される
    住所や名前の確認はプライバシーの問題もあり困難で、メールアドレスやSNS認証は複数持ちや偽造が可能で、これらの手段だけでは偽アカウントの防止には限界がある
  3. パスワードポリシーの厳格さ
    高いセキュリティ基準による複雑なパスワード要求が、ユーザーにとって大きな負担となり、登録を躊躇させる
  4. メールが届かない・迷惑メールboxへ
    メール認証リンクが迷惑メールに振り分けられたり、メールブラウザのセキュリティに引っかかることで、再度登録プロセスを始める必要がある
  5. 高齢者やアナログユーザーへの配慮不足
    登録プロセスが直感的でなく、特にテクノロジーに慣れていない高齢者やアナログユーザーが登録を完了できない場合がある

Infront Securityで簡単解決!

① 偽アカ登録・多重登録を阻止したい

  • 会員登録数1人1つに制限できる!
    電話番号やメールアドレスの一意性を確認することで、1人につき1アカウントの原則を厳格に実施し、多重登録を防ぎます。
  • 顧客DBの整理が可能になる!
    不正なアカウントを削除し、正確で信頼性の高い顧客データベースを維持することができます。これにより、マーケティング戦略や顧客サービスの質が向上します。
  • 不正が起こった際、本人に電話確認が取れる!
    不審な活動が検出された場合には、登録された電話番号への直接確認により、迅速かつ確実に本人認証を行うことが可能になります。

② パスワードやメール認証などが面倒で会員登録率が伸びない

  • めんどくさいパスワード必要なし!
    ユーザーが電話番号を入力するだけで登録やログインが完了するシステムにより、複雑なパスワードを設定・記憶する手間が不要になります。
  • メールが届かない、サイトから離脱する心配もなし!
    メールによる確認作業を省略し、電話番号認証だけで登録を完了できるため、メールの遅延や受信トラブルによるユーザーの離脱を防ぎます。
  • 誰でも瞬間的に理解できる!
    登録プロセスが直感的かつシンプルであるため、テクノロジーに不慣れなユーザーでも容易に理解し、利用を開始できます。

③ 店頭でのアプリ会員登録をスムーズに進めたい

  • お客様を待たせず簡単登録!
    店頭でQRコードをスキャンするだけ、または短いフォームに電話番号を入力するだけで、すぐに会員登録が完了します。これにより、お客様の待ち時間を大幅に短縮します。
  • 現場の対応コスト減!
    登録プロセスを自動化し、シンプルにすることで、店舗スタッフの手間が減り、より多くの顧客に対応できるようになります。
  • リアルでの会員獲得キャンペーン促進!
    スムーズな登録プロセスは、店頭での会員獲得キャンペーンやプロモーションの成功率を高めます。顧客は手軽に会員特典を享受できます。
  • 確実な本人登録を実現!別IDも防げる!
    電話番号に基づく認証は、1人1アカウントの原則を実施し、偽アカウントや多重登録を防止します。このアプローチにより、登録されたアカウントが実際のユーザーによるものであることを保証し、サービスの信頼性を向上させます。

記事一覧へ戻る