目的別課題

3Dセキュアの影響

3Dセキュアの影響

3Dセキュアでよくある課題

  1. 決済時にパスワードがわからないなどの理由で、カート放棄が増加する。
  2. 一定数の不正を見逃し、正常な注文として処理する事がある。 
  3. グレーリスト確認、顧客対応、キャンセル・アカウント停止などの処理、不正ツール費用などコストがかかる。
  4. 不正ユーザーが複数アカウントを作成し、システムを悪用するリスクがある。
  5. カートドロップでCV率の低下による売上減少。

考えられる要因

  1. UI/UXの不十分
    スマホ操作の難しさ、エラーメッセージの不明瞭さ、長い認証プロセスがユーザーのストレスを引き起こす。
  2. セキュリティ過剰
    多数のセキュリティ質問やフィッシング警告の過多が、利用者の不便さを増加させる。
  3. 技術的問題
    ソーシャルログイン不具合、認証メールの遅延、認証コード非到着などが利用障害を引き起こす。
  4. ユーザー体験の低下
    二段階認証の複雑さや厳しいパスワードポリシーが使用時の困難を招く。
  5. 設計とポリシー問題
    ゲストチェックアウト不提供や高齢者への配慮不足など、サービス設計に根本的な問題が存在する。

Infront Securityで簡単解決!

① 決済時にパスワードがわからないなどの理由で、カート放棄が増加する。

  • 3Dセキュア発動大幅減!CV率に影響なし!
    ゲスト購入も会員購入も本人認証済みとなり、そもそも3Dセキュアを発動させなくできます。

② 一定数の不正を見逃し、正常な注文として処理する事がある。

  • 正当な注文がほぼ全てを占める!
    Infront Securityは不正者に電話発信を求めるため、黒か白かを明確にします。対照的に、EMV 3-Dセキュアのリスクベース認証はグレー判定や判定ミスが発生する可能性があります。

③ グレーリスト確認、顧客対応、キャンセル・アカウント停止などの処理、不正ツール費用などコストがかかる。

  • 注文確認がほとんど不要、手間を削減!
    不正検知のような対処療法ではなく、不正を抑止して正常注文を通すので、オペレーションコストが大幅減。

④ 不正ユーザーが複数アカウントを作成し、システムを悪用するリスクがある。

  • 不正登録を排除!
    電話番号と端末に紐づくため、多重アカウント登録や不正利用を防げる技術です。

⑤ カートドロップでCV率の低下による売上減少。

  • 3Dセキュアによるドロップが無くなり、CV率向上による売上アップ!
    発動させないことによるユーザーエクスペリエンス向上により、サイト利用率とコンバージョン率が上昇し、売上が増加。
記事一覧へ戻る